加藤泰「風と女と旅鴉」中村錦之助三國連太郎丘さとみ長谷川裕見子

意欲作か失敗作か、たいへん「面白い」。
 京橋にて「京橋映画小劇場No.35 アンコール特集」。
 終映後、常連らしき老人がバカでかい声で「つまらん。話もしっくりしないし。監督がいかんのかな」
 知り合いが「でも監督は加藤泰ですよ」
 加藤泰だって失敗作はあるだろう? あるかしら。
 本作は見方によって、意欲作か失敗作か、意見が分かれるだろう。
 そもそもすべての加藤泰意欲的作品が、そうかもしれん(笑)。
 だって加藤泰、東映定食映画の関節を全部外しているんだもの。
 食材は全部、東映定番定食の食材だけ、それを全部使いきって、でも加藤泰、東映定食だけは作らないぞ、という(笑)。

e0178641_1125175.jpg2風と女と旅鴉(90分・35mm・白黒)
→「生誕100年 映画監督 加藤泰」より
1958(東映京都)(監)加藤泰(脚)成沢昌茂(撮)坪井誠(美)井川德道(音)木下忠司(出)中村錦之助、三國連太郎、丘さとみ、長谷川裕見子、進藤英太郎、薄田研二、加藤嘉、殿山泰司、上田吉二郎、河野秋武、星十郎
加藤泰が自らの作風を確立させた代表作。加藤が愛する「まともな世間から弾き出された奴。卑怯な奴。ずるい奴。そのくせ何処か底の抜けた気の良い奴。」が、化粧をせずに素顔をさらし、同時録音で周囲の音と混じりながら言葉を発しロー・ポジションのキャメラで活き活きと写し出される。物語の下敷きとなったのはニコラス・レイ監督の『追われる男』(1955)。
←この分割ポスターも東映定食番組にしては、モダンかな。

 同時録音で周囲の音と混じりながら言葉を発し だからしばしばセリフが聞き取れにくいのは、仕方がないのか
 ロー・ポジションのキャメラ 発情の錦ちゃんが地面に寝ころび、丘さとみのお尻を下から見るショット。必然性のあるヌードならぬ必然性のあるローボジを、このころはまだ模索していたのね(笑)。

 冒頭山道をひとり歩く旅人が、錦ちゃんじゃなくて連太郎、と最初から関節外し。そもそも連太郎、最初から最後まで妙なひょこひょこ歩き。これこそがリアル旅人の効率的歩行法だという発想なのだろう。
 錦ちゃんも、いわゆる清く正しく美しく強い東映時代劇ヒーローの真逆な小者(笑)。
 千両箱をセコくガメようとするし、好きでもない長谷川裕見子に気まぐれでキスし、丘さとみには発情しまくりだし、いろいろダダこねまくるし、拗ねまくるし、ほんとに小者(笑)。
 加藤泰も、チャンバラ映画なのに、クライマックスまでチャンバラほとんどなし。
 しかも連太郎、肝心のクライマックスで、いきなり銃撃され、ずーっと、座りっぱなし。まったく役に立っていない(笑)。アンチクライマックスの極み(笑)。これ、バディムーヴィーとしても変則か反則でしょう。
 なお冒頭でも錦ちゃんいきなり銃撃され大怪我。
 通俗娯楽映画の鉄則、ヒーローになぜか弾は当たらない、はずなのに、本作では主人公ふたりとも被弾で、大怪我と死亡。
 これでは東映おなじみ路線のミイちゃんハアちゃんファンの支持は、エラレマイ。

 なにやら連太郎といいフンイキだった長谷川裕見子が、いきなりのキス一発で、錦ちゃんにメロメロって。そうとう経験を積んでるはずなのに。で、これを見てしまった連太郎も、アマリに不自然に固まりすぎ(笑)。アツすぎる連太郎と、アツすぎる加藤泰のコラボの故か。
 錦ちゃんの丘さとみ目線も東映純愛路線から外れた、思春期発情少年のエロ丸出しだし。で長谷川裕見子とも丘さとみとも、ハッピーエンドならず、かといって一人旅立つ旅人との、別れの愁嘆場もなく。
 あらゆる東映定番を外しまくって、映画は終わるのでした。チャンチャン。

e0178641_11253240.jpg そしてモンダイなのは、やはり薄田研二か。
 ふだん憎々しい悪家老など、東映悪役陣のラスボスを演じることのおおい薄田が珍しく善人の町のまとめ役。とはいっても、錦ちゃんを息子同然に思い、見守りたい連太郎の弱みに付け込んで、町に甚大な被害を与えつつある進藤英太郎一味に、たった一人で立ち向かわせようという「真昼の決闘」状態の、理不尽さ。そんな過剰な義務などまったくないのに図々しく連太郎に押し付け、なおかつ連太郎には絶対の信頼を寄せつつ、錦ちゃんを悪しざまにいう。
 まさに分割して統治の典型か。ある意味進藤英太郎より冷酷な悪役で、薄田研二どんぴしゃりの適役だ。


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

# by mukashinoeiga | 2017-07-19 11:25 | 加藤泰突入せよ炎のごとく | Trackback | Comments(1)

レンホーおばさんの空中浮遊(たま「れいこおばさんの空中遊泳」替え歌)

♪レンホーおばさんが党で浮いている~
e0178641_1958843.jpg嘘つきながら どんどんのぼせている
安倍疑惑があふれた国会に 朝日の刺激を受けて
レンホーおばさんが国民から浮いている
レンホーおばさんは息を吸い込んで
嘘や捏造びゅんびゅん吐いている
下をながめりゃどこかのおやじが秘密文書を燃やしつづけている
レンホーおばさん キッと目をやり飛んでく
レンホーおばさん レンホーおばさん レンホーおばさん もどっておいでよ
レンホーおばさん レンホーおばさん レンホーおばさん 今すぐ現実に え~
レンホーおばさんは現実を飛び越え続け
のどの渇きを必死にこらえてる
そんなに飲みたきゃ飲めばいい 揚子江の水でも飲めばいい
民進の将来なんてどこにもないんだよ
レンホーおばさんどんなに反日しても そこにいることぼくにはわかってる
真っ赤なろうそくに明かりが灯れば レンホーおばさん子猫をいじめる
煽ってくると思っていたんだよ
レンホーおばさん レンホーおばさん レンホーおばさん もどっておいでよ
レンホーおばさん レンホーおばさん レンホーおばさん 今すぐ現実に え~
レンホーおばさん レンホーおばさん レンホーおばさん もどっておいでよ
レンホーおばさん レンホーおばさん レンホーおばさん 今すぐ現実に え~
今すぐえ~ 今すぐえ~ 今すぐえ~

【LIVE】たま れいこおばさんの空中遊泳・オゾンのダンス

 やはり、イマイチでしたな(笑)。昔は好きでした、たま。今でも、たまに(笑)聞きたくなります。竹中労のたま本も愛読しましたが、日本のビートルズ、というのは、ちょと褒めすぎ(笑)。

イカ天 レア 日本イカ天大賞フルバージョン/たま/さよなら人類 1989年アマチュアバンドコンテスト

『たまの映画』予告編

たまの地方巡業。石川浩司さんが若いです

たま 石川浩司転落事件 さよなら人類

たま まちあわせ 「イカ天 5週目」

たま らんちう ヒットスタジオR&N

たま 特集「ミッドナイト・ジャーナル」


 ぼくもかつてそうでしたが、十代思春期少年特有の妄想ポエム(笑)の、もっとも良質なのが、たまなのか、と。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

# by mukashinoeiga | 2017-07-17 19:58 | 架空映画妄想キャスティング | Trackback | Comments(0)

爆笑G20人間喜劇トランプ文在寅習近平

人間て面白いなあ。
e0178641_5233519.jpg トランプわかりやすすぎ(笑)。これほどのゾンザイな握手も空前にして絶後だろう。
 ネットの意見に、

満面の笑みでアメリカに擦り寄る韓国
嫌そうにそっぽを向きながら握手をするアメリカ
それを高いところから見下ろす中国
まるでビゴーの風刺画だな

とあるが、まさにその通り。
 時代はまさにビゴーのころに回帰しつつあるということか(笑)。
 東宝コメディならさしずめトランプが森繁で、文在寅は三木のり平、習近平は山茶花究といったところか。



↓7分20秒ころ
G20 LIVE Konzert in der Elbphilharmonie - CONCERT LIVE HALL HAMBURG


e0178641_5245279.jpg 一方笑わない二人。
 珍しく笑うミスター仏頂面。
 安倍は災害もあって早期帰国、この茶番を回避したのはよかったのか悪かったのか(笑)。
 なお、安倍とミスター仏頂面との握手の背景の三つの赤は、別報道によれば、真ん中に日の丸、左右に中国国旗とのことで、同じ赤、いずれ日本も呑み込むぞ、という野望がわかりやすい(笑)。安倍が醜を、もとい、ミスター仏頂面を訪問した形なので、これは明らかに中国側のセッティング。
 現代の政治的宦官が、精いっぱい中共皇帝におべっかを使っているのが目に浮かぶ(笑)。
 
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★e0178641_5255454.jpg
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

# by mukashinoeiga | 2017-07-12 05:26 | うわごと | Trackback | Comments(0)

いやア面白いなあ東京都議選喧嘩犬桜井誠

喧嘩犬(笑)桜井誠。スピッツ犬(by有田ヨシフスターリン)にしてはデブだけど。
(以下ネットニュースより)一方、同じ時間帯に民進党の選挙街宣車から数mの所で演説していた日本第一党の桜井誠氏は「何が夢のある政治だ? ふざけるな蓮舫! お前のおかげで日本は夢が無くなったんだよ。毎度毎度、蓮舫は抽象的な言葉を並べているだけじゃないか。」と応戦して
街頭演説で民進党とバトルを繰り広げる場面がありました。(以上引用終わり)

 動画ソース 「グランドフィナーレ ノーカット版 多数の妨害あり 2017東京都議会選挙」
 ジャパンファースト日本第一党公認候補演説 in 八王子北口 H29/07/01
(動画 1:41:45秒あたりから)

 十年前から「そういう勢力」と戦ってきたのは、日本第一党でなく在特会のはずだけど。民進党みたいな党名ロンダリングしなさんな(笑)。

文句おばさん & 怖いお兄さん登場 岡村みきお氏選挙演説 八王子 2017.7.1 民進党さんたちch

桜井誠VS志位和夫 日本共産党 2  東京都議会選挙公認候補岡村みきお街頭演説inJR八王子H29/06/25

e0178641_2115346.jpg 蓮舫には声闘で勝ってるけど、非日本的な鉄面皮志位には負けてるな。高い声は不利ですな。恐らく志位が日共党首に選ばれたのは、中国人的声闘能力ゆえかと思う。
 志位は党員選挙で選ばれて党首になったわけでなく、その後何十年も党首でいつづけるのに、民主主義的根拠はゼロに等しい。その志位があらゆる民主主義選挙に自分の「主張」を大声で声闘するのが、わからない。
 ただ東京の選挙に、関西弁のスピーチが複数いるのは戦術としてまずいのや、おまへんか(笑)。
 
ベストアンサーに選ばれた回答kokusaijin_kさん 2009/6/2516:39:56(以下ネット某知恵袋より)
日本共産党は超学歴偏重で東大出身者以外はほとんど党幹部になれません。
日本共産党は一般党員使用厳禁の豪華幹部専用別荘を伊豆熱川に所有しています。
殺人犯であり日本共産党の元委員長宮本顕治は多摩に豪邸を所有してました。
不破哲三の丹沢の豪邸の広さたるや敷地内に共産党の施設が建っているくらいです。
不破の実兄である上田耕三氏も国立に豪邸を所有してます。
おまけに不破は党から専属の料理人まで派遣させており、まるで貴族そのものです。
不破は党員にはカンパを強制しながら自分は本の印税などで多額の収入があるにもかかわらずカンパもろくにしませんでした。
共産党専従職員は低賃金でこき使われ給与遅配も日常茶飯事の劣悪な環境に置かれています。
共産党が庶民の味方などというデタラメを信じてはいけません。「赤い貴族」の集団です。(以上引用終わり)

 桜井はかつての右も左もぶっ飛ばせの立川談志のミニラ版か。談志のかつての選挙コピーは、

何でも反対 社会党
何にもしない 民社党
みんなロボット 公明党
日本にゃ合わない 共産党
数を頼みの 自民党

と、最後の自民党にだけ甘いが(笑)四方八方に敵ばかり作る(笑)コピーを連呼させられる弟子はたまったもんではないと、快楽亭ブラックは回顧している。しかしこのコピー、社会党を民進党に、民社党を社民党に(字がさかさまなのは芸がなさすぎ)変えさえすれば、いまでも立派に通用するのは、日本て変わらんなあ(笑)。
 
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

# by mukashinoeiga | 2017-07-06 02:12 | うわごと | Trackback | Comments(0)

森友加計問題は確実に日本の政治を後退させるぞ(笑)

誰も陳情ヤバくてしなくなるから、あらゆる「改革」は、確実にストップする。
e0178641_11472567.jpg 盛り掛け問題に手を取られて、結局誰も、てんたま蕎麦や肉蕎麦やらの、各種トッピングを追加しなくなるだろう
 まず、民進党など各野党には、だれも陳情しなくなるだろう。だって民進党にとって 忖度という日本人特有の文化は犯罪なんだもの(笑)。
 そして自民党に対する陳情も、なんだか後ろ暗いんじゃないか、とあれやこれや探られるから、後退する。
 ああ、こうして日本は衰退していくんだなあ。さすが反日民進党、共産党、社民党、朝日毎日の野望で。
 官僚も、下手に政権に忖度したら、批判されるので、政権と確実に距離ができ、ぎくしゃくする。この辺、元役人のさすらいさんはどう見ます(笑)。


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

# by mukashinoeiga | 2017-07-05 11:48 | うわごと | Trackback | Comments(0)